ブログ一覧

    こんにちは!次の製作工程をご紹介します。

    保護塗料を含侵させた板は、濡れた色のようになり、木目、風合いを活かしながら、

    良い表面に仕上がります。

    次は原稿を写します。ここで重要なのが字と板、全体のバランス。

    ここが狂うと全てが狂ってきます。なので位置を慎重に何度も確かめてきめて書き写します。

     

    筆文字デザイン、木(彫り)の看板のご用命は木と字の神林まで、お気軽にご連絡下さい。
    TEL: 042-796-4782
    〒194-0001 東京都町田市つくし野1丁目28−8

     

     

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。