ブログ一覧

    今回は海外で飲食店をされるお客様のご依頼で木彫看板を製作させて頂きました。

    木製看板_米松6

    サイズ:430×400×35(mm)

    表現:かまぼこ彫り、V字彫り

    材質:米松 (特徴:強靭だが、加工性がよく、狂いが少ない。)

    将棋盤の形に加工しました。まさに屋号「ト金」からこの形をイメージしています。

    ここで豆知識です☆将棋盤の形をした看板は他にもたまにも見かけますよね?、、調べてみますと、歴史をさかのぼる事、江戸時代。文字を読める人が少なかったため、看板としては文字表現より、絵表現の方がインパクトが強く、主流でした。その時代に”質屋”の看板として将棋の「歩」の駒の形をした大きな看板が吊り下がっていたそうです。要するに「中に入ると金になる」。。洒落が利いてますね。

    現代に将棋の駒の形をした看板が多いのも、その名残かもしれません。もしくは「金」になる等、商売繁盛の意味を込めたカタチかもしれませんね。

    木製看板_米松7

    看板の製作模様です。

    木製看板_米松

    木製看板_米松2

    木製看板_米松3

    木製看板_米松4

    筆文字デザイン、木の看板(木彫りの看板)のご用命は木と字の神林まで。

    〒194-0001 東京都町田市つくし野1丁目28−8

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。