ブログ一覧

    会長の若かりし頃の記事を発見したのでご紹介します。

     

    真ん中あたりの文章のとこですが、私も木の形そのもの活かした形(木肌が有機的でミミ付きの形)が好きなのですが、それも時代の流れなんだぁと改めて感じました。

    これからはどんな看板、木製看板が流行るのか。伝統を活かしつつ、新たな時代を創り出す木彫看板のカタチを製作していきたいです。

    筆文字デザイン、木の看板(木彫りの看板)のご用命は木と字の神林まで。

    TEL: 042-796-4782
    〒194-0001 東京都町田市つくし野1丁目28−8

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。