ブログ一覧


    こんにちは!

    今日ご紹介するのは南麻布に新しいお店として移転される、
    いなりずし専門店「おいなりさん 呼じろう」さんの看板です。

    私は制作する前このこだわりのおいなりさんを頂いたのですが、
    すごく感動しました。後に詳しくご紹介します。

    まず板をオーナー様にご提案し、気に入って頂いた形を活かし、カットします。

    今回の筆文字ロゴデザインは中目黒 若狭(ミシュランガイド東京2016掲載)等
    繁盛店の筆文字デザインを手掛ける書道家 並河 博子先生(宙 書道院 主宰)です。

    かすれ等の細かい部分まで忠実に写します。

    彫刻刀で細かい部分を彫っていき、やすりをかけ、クリア塗装を施します。

    ちなみに裏はこんな感じで立てられるように、

    文字部分に何度も色を重ね、光沢を出していきます。

    そして、、

    ジャン!!

    大きさ:300×250×30(mm)
    材質:一位

    並河先生の字がかっこいい、板の形もいい、サイズ感も良し。
    と自画自賛しまくりです。笑
    木目がお客様をちょうど「呼」び込むようなトルネード調なところも気に入ってます。

    見えにくいですが、裏の支えは人をイメージした形になっており、蝶番ではなく、支えでがっちりと固めてあります。
    (お店をたたまない、たためないようにという意味が込められています)

    本当に素晴らしいおいなりやさん、次回またご紹介します!

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。