ブログ一覧


    今回は表札を制作しました。

    まずはお客様に木材を何通りか提案し、選んで頂きました。
    今回選ばれたのは黒檀(コクタン)です。

    黒檀はその昔、唐より運ばれてきたため「唐木」とも呼ばれます。
    生産地はインドやスリランカなどの熱帯地方です。
    木色は黒褐色で美しく、比重も大きいため重厚感があります。
    弦楽器や家具などにも多く使われております。

    この木材から12cm幅で切り出しました。

    それから字のデザインを決めて頂きました。(神林金哉 会長 書)

    何例か提出した中、今回は隷書体のような「2」が採用されました。

    そして切り出した木材をやすり、屋外向け保護塗料を塗り、
    彫っていきます。

    文字の部分の角をやすり、丸みを出していきます。
    ここをいかになめらかにできるかで、最後の文字の艶具合が変わってきます。

    そして何層も塗料を重ね、艶を出していきます。
    今回は木の表面もクリア加工を施しました。

    大きさ:290×120×20(mm)
    材質:黒檀
    書デザイン:神林金哉
    彫り:浅いかまぼこ彫り

    世界に一つだけの表札の完成です!!

    お客様にも大変喜んで頂きました。
    完成した時の喜びはもちろんですが、そのお声を聞くと
    喜びが2倍になり、心の芯から本当に制作して良かったぁと思います。
    「工藤家」様のご健康と繁栄をお祈り申し上げます。

    当社では文字デザインから木の選定、制作まで一貫して行っております。
    世界に一つだけのオリジナルな表札を作りたい方は
    是非!「木と字の神林」にお声がけ下さい。

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。