ブログ一覧

前回の続きです。位置が決まったら、看板の後ろについてあるダボの位置を確認し、壁に穴を開けていきます。

看板リニューアル6

実際に取り付けていきます。

看板リニューアル7

接着はダボと強力接着剤を用います。

看板リニューアル8

取り付けが終わったら看板と壁の隙間にコーキングしていきます。隙間に雨が溜まると木が朽ちる原因になりますので、念入りに行います。

看板リニューアル10

看板リニューアル9

取り付け完了しました。

看板リニューアル11

看板リニューアル13

看板リニューアル12

今回は全く同じ形でリニューアルして欲しいとのご要望でした。その際、この文字の角のアールや質感はやはり木にしか出せないという事で、弊社に依頼がきました。今回は耐久性に優れたケヤキ材を使用しています。製作はかなり大変で、根気を要しましたが、オーナー様にもお喜び頂き嬉しい限りです。武道をとおして、後世に日本の心を伝える櫻屋さん。益々のご発展をお祈り申し上げます。

筆文字デザイン、木の看板(木彫りの看板)のご用命は木と字の神林まで。

〒194-0001 東京都町田市つくし野1丁目28−8

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。