ブログ一覧

本日はよくあるご質問、看板の取り付け方について、表札・小型看板の取り付け方法の一例をご紹介します。

ご覧の写真の通り、看板の裏に釘穴をあけます。(よく時計の裏にある穴と同じ原理です)縦型の表札の場合、穴は一箇所になります。

壁の方に釘を打ち付け、そこにひっかけます。※釘を打ち付ける際、左右平行でないと、ガタガタします。又、釘の位置を穴の上部に合わせないと、設置位置がずれますので、よくご注意して行ってください。外れせないように固定する際は、木工用ボンドと強力な両面テープを用いて固定します。

表札_取り付け2

こちらは壁と板の隙間がなく、ぴったりと貼り付ける方法ですが、板と壁の間に隙間をあけ、少し浮かせて見える取り付け方法もございます。

また次回ご説明したいと思います。

筆文字デザイン、木の看板(木彫りの看板)のご用命は木と字の神林まで。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。