ブログ一覧

こちらは世田谷区千歳船橋にある老舗和菓子屋さん「虎屋」様の看板リニューアル例です。

こちらも丈夫なケヤキの無垢板であったため、再生が可能でした。表面を削り、腐った部分を落としました。

そしてまた字の部分の色を入れ直しました。

木彫看板_リニューアル後_虎屋

材質:ケヤキ(栃木県産)

大きさ:2200×850×80(mm)

重量:90kg

そして屋根を追加で設置しました。この屋根があるのとないのでは、木の持ちが何十年と違ってきます。木彫看板を屋外に設置する際は、始めに屋外用保護塗料を含侵させますが、どうしても雨に弱いのが弱点です。なので、1~2年毎に保護塗料を塗り直す、もしくはこの屋根をつける事をお勧めします。

筆文字デザイン、木の看板(木彫りの看板)のご用命は木と字の神林まで。

〒194-0001 東京都町田市つくし野1丁目28−8

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。